本文へスキップ

乱暴な運転のイメージを持たれる名古屋ナンバーの自動車オーナー。

名古屋ナンバー

信号機

愛知県でも有名な名古屋ナンバー/信号機

交差点に設置されている信号機は赤・青・黄色それぞれの色に意味があります。 基本的に青は進み、赤は止まらなければいけません。 黄色はもうすぐ赤に変わるよ、危ないので安全に止まりましょうとなりますが、 この解釈は人によって幅が広いようです。 危険なので落ち着いてゆっくり止まろうとは考えず、完全に赤に変わる前に急いで 渡ってしまえ、横から車が来る前に通過してしまえ、と少しでも早く目的地に到着 することを優先して危険な運転をする人もおり、特に名古屋ナンバーの自動車を運転 している人にその傾向があるといわれています。 青の解釈も周囲を確認して安全なら進んで良い、ではなく進まなければいけない、 どんな状況でも100%前進あるのみ、と考えてしまうのが名古屋ナンバーで、 マナーさえ守っていれば防げたであろう交通事故もたびたび起こっています。 赤信号でも車が来ないと判断したら進んでしまうドラーバーも多いので、 名古屋ナンバーの自動車をみかけたら注意しなくちゃ、と思われてしまっています。


横断歩道

横断歩道は歩行者優先で、安全に渡り終わるまで自動車は停止して優しく見守るのが 正しいドライバーのあるべき姿です。 これはやって当然のことで、歩行者を優先させたからといって表彰されたり敬意を 持って英雄扱いされるような特別なことはなく、むしろドライバーの義務でしょう。 ですが乱暴な運転をする者が多いといわれる名古屋ナンバーの自動車オーナーは、 横断歩行を歩いている老人や子供、OLや大学生ばかりか留学生までもを押しのけて、 自分が先に進もうとするので危険だと思われています。 横断歩道を渡ろうとしている学校帰りの小学生がいても無視して突っ込んだり、 ひつまぶしを食べに行こうとしているサラリーマンがいても停車して道を譲ろうとは しませんし、とにかく自分の通行を優先すると噂されています。 歩くのが遅い人がいたらクラクションを鳴らして急かし、少しでも早く渡るように 威圧するのも名古屋ナンバーの特徴のようです。


駐車スペース

名古屋市内の繁華街、栄や今池、名駅周辺の道路を通ったことのある人ならわかる でしょうが、道路脇に駐車している邪魔な車がいたるところに見受けられます。 すぐに用事を済ませて戻ってこればいいや、と横着をして違法駐車をする車が多い のですが、交通量の多い道路でも気にせず左車線に駐車してほかの車の通行を妨げる ことに抵抗がない、遠くの有料駐車場までいくよりも楽ができるならそちらを選ぶ、 そんなドライバーが連なって左車線を占領してしまうのです。 またすぐにどくからと車を停めるのは道路の一番左端の車線だけではありません。 性質の悪いドライバーになると、車道でなく歩道をも駐車スペースとして利用しようと かなり無茶なことをするケースもあります。 そんなとこに車が停まっていたら歩行者の邪魔になるのに、と白い目で見られようが、 法律もマナーも全て無視して自分のことだけ考えて行動する、そんな人達のせいで 名古屋ナンバーの自動車は危険だと思われてしまっているのです。